English

鏡貴之 先生

鏡 貴之 (かがみ たかゆき)  <テノール トレーナー>

岩手大学教育学部芸術文化課程卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程独唱専攻修了。声楽を佐々木まり子、佐々木正利、多田羅迪夫の各氏に師事。主にオラトリオ、宗教曲のソリストとして活動中。特にJ.S.バッハの作品では、「クリスマス・オラトリオ」「ヨハネ受難曲」「ミサ曲ロ短調」や多数の教会カンタータのソロを務め、活動の中心となっている。他にはモーツァルト「レクイエム」、ハイドン「十字架上の七つの言葉」、シューベルト「ミサ曲第6番変ホ短調」、ベートーヴェン「第九」、藝大合唱定期でブルックナー「テ・デウム」「ミサ曲第3番ヘ短調」など。オペラの分野では、藝大モーニングコンサートでモーツァルト「魔笛」のタミーノ役を務める。盛岡バッハ・カンタータ・フェライン、藝大バッハ・カンタータ・クラブ、東京21合唱団、日本声楽発声学会、グルッペ・ベッヒライン、各会員。東京バッハ合唱団、東京ムジーククライス、各ヴォイストレーナー。バッハ・コレギウム・ジャパン、モーツァルト・アカデミー・トウキョウに所属。