English

プロフィール

東京ムジーククライスとは・・

2006年10月、首都東京を本拠地とし、バロックや古典・ロマン派の宗教曲、とりわけJ.S.バッハの作品の研究、及びその演奏活動を目的に設立された合唱団、音楽団体。常任指揮者には、バッハ・コレギウム・ジャパン等で広く活躍中の渡辺祐介氏を迎え、また国内外で活躍する気鋭の音楽家を数多く指導者・演奏者として招聘し、併設のプロオーケストラと共に演奏活動を行っている。

20代・30代の若手社会人や学生ばかりが集った機動性溢れる合唱アンサンブルは、楽器としての“声”の豊潤さを新たに感じさせるものとして評価を得ており、意欲的な活動スタイルやプログラミングとも相俟って各方面から注目を集めている。

musik-kreis(ドイツ語で「音楽の輪」)という団体名には、クラシック音楽、合唱の素晴らしさを、演奏を通して聴衆や演奏者と共感したい、受け継いでゆきたいという願いが込められている。

angels

東京ムジーククライス 活動の趣旨

日本は世界でも有数の合唱大国といわれ、全国各地に数多くの合唱団が活動しています。年の瀬には「第九」や「メサイア」の調べが街に流れ、また音楽の授業やクラブ活動などを通じ多くの皆さんが、一度は合唱に親しんだ経験があるのではないでしょうか。

しかし現状を見渡すと、多くの合唱団で若手の空洞化が進んでいるようです。音楽の愉しみ方が多様化していることもあってか、大学合唱団では慢性的な団員不足に苦しみ、また卒業後、その多くが演奏活動に距離を置いてしまっています。慌ただしい日常を前に、歌う、奏でる喜びを忘れかけています。

私達は、このような寂しい状況に一石を投じたい。

音楽を愛する仲間たちと、心から感動出来るスリリングな演奏・練習に身を置くことで、ひとりでも多くの若者達にクラシック、合唱の素晴らしさを体感して欲しい。そして末永く、その音楽の輪を繋げて欲しいと願っています。

だから私達はこう名乗ります。 東京ムジーククライス(音楽の輪、音楽の仲間たち)

常任指揮者: 渡辺 祐介 (わたなべ ゆうすけ)

conductor.jpg東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中は声楽を多田羅迪夫氏に師事。在学中より東京藝術大学バッハカンタータクラブに在籍、小林道夫氏の指導と指揮のもと、J.S. バッハの受難曲並びに教会カンタータのバス・ソロを数多く務める。特にヨハネ、マタイの両受難曲ではイエス役を務め、その劇的表現が好評を博した。また2005年3月を以て同クラブの指導から勇退した小林道夫氏に代わり、同年4月から2008年3月まで、後進の指導にあたった。一方、ペーター・コーイ、ゲルト・テュルク、ロビン・ブレイズ氏ら、古楽における世界的声楽家にも師事している。その後2008年より2010年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積んだ。その間、オランダを代表する名メッゾ・ソプラノのマリオン・ファン・デン・アッカー女史や、リリック・テノールのマルセル・ライアンス氏ら名歌手にも指導を受けた。
ソリストとしては主に宗教曲の分野で活躍し、J.S.バッハの教会カンタータ及び受難曲、ヘンデル《メサイア》、モーツァルトの《戴冠ミサ》《レクイエム》等のバス・ソロを務めた。2002年4月からは、鈴木雅明氏の主宰するバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとなり、声楽アンサンブルメンバー及びソリストとして、国内外のツアー、レコーディングに数多く参加している。特に2007年11月に行われたヘンデルのオラトリオ《エジプトのイスラエル人》の公演ではバス・ソロを務め、その伸びやかな歌声が好評を博した。また17世紀イギリスの作曲家、ジョン・ダウランドのリュート歌曲に深く傾倒し、その理想的演奏を目指して、カウンターテノールの上杉清仁氏、リュート奏者の佐藤亜紀子氏等と共に「Seven Tears Consort」を結成・主宰し、東京及び山形にて数度の演奏会を開き、好評を博している。2006年にはテノールの水越啓氏らと「ロゴス・アポカルプスィス」を結成、同年11月にJ.S.バッハ《ヨハネ受難曲》、2007年12月にブクステフーデの連作カンタータ《我らがイエスの四肢》、2009年にシュテルツェル《ブロッケス受難曲》(日本初演)を指揮なしで上演し、いずれも成功を収めている。2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国家《君が代》を独唱した。東京ムジーククライス常任指揮者。2012年9月より新しく設立されたマヨラ・カナームス東京の音楽監督に就任。