English

渡辺祐介 先生

渡辺 祐介 (わたなべ ゆうすけ)  <常任指揮者>

東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中は声楽を多田羅迪夫氏に師事。在学中より東京藝術大学バッハカンタータクラブに在籍、小林道夫氏の指導と指揮のもと、J.S. バッハの受難曲並びに教会カンタータのバス・ソロを数多く務める。特にヨハネ、マタイの両受難曲ではイエス役を務め、その劇的表現が好評を博した。また2005年3月を以て同クラブの指導から勇退した小林道夫氏に代わり、同年4月から2008年3月まで、後進の指導にあたった。一方、ペーター・コーイ、ゲルト・テュルク、ロビン・ブレイズ氏ら、古楽における世界的声楽家にも師事している。その後2008年より2010年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積んだ。その間、オランダを代表する名メッゾ・ソプラノのマリオン・ファン・デン・アッカー女史や、リリック・テノールのマルセル・ライアンス氏ら名歌手にも指導を受けた。
ソリストとしては主に宗教曲の分野で活躍し、J.S.バッハの教会カンタータ及び受難曲、ヘンデル《メサイア》、モーツァルトの《戴冠ミサ》《レクイエム》等のバス・ソロを務めた。2002年4月からは、鈴木雅明氏の主宰するバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとなり、声楽アンサンブルメンバー及びソリストとして、国内外のツアー、レコーディングに数多く参加している。特に2007年11月に行われたヘンデルのオラトリオ《エジプトのイスラエル人》の公演ではバス・ソロを務め、その伸びやかな歌声が好評を博した。また17世紀イギリスの作曲家、ジョン・ダウランドのリュート歌曲に深く傾倒し、その理想的演奏を目指して、カウンターテノールの上杉清仁氏、リュート奏者の佐藤亜紀子氏等と共に「Seven Tears Consort」を結成・主宰し、東京及び山形にて数度の演奏会を開き、好評を博している。2006年にはテノールの水越啓氏らと「ロゴス・アポカルプスィス」を結成、同年11月にJ.S.バッハ《ヨハネ受難曲》、2007年12月にブクステフーデの連作カンタータ《我らがイエスの四肢》、2009年にシュテルツェル《ブロッケス受難曲》(日本初演)を指揮なしで上演し、いずれも成功を収めている。2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国家《君が代》を独唱した。東京ムジーククライス常任指揮者。2012年9月より新しく設立されるmajora canamus tokyoの音楽監督に就任する。