東京ムジーククライス第14回定期演奏会 ご来場のお客様へ

演奏会ご来場にあたり、感染症の予防のために以下の項⽬にご協⼒ください。

【⼊場について】

  • 発熱ほかの⾵邪の諸症状・体調不良等のある場合は、来場をお控えください。
  • 建物内では常時マスクを⿐と⼝をしっかりと覆うかたちで正しく着⽤してください。着⽤いただけない場合は、⼊場をお断りします。
  • ご⼊館時は、検温とアルコールによる⼿指消毒を実施しています。
  • 感染症拡⼤防⽌のため、来場者情報を収集させていただきます。ご提出いただきました情報は、感染症に伴う衛⽣管理を⾏う⽬的でのみ使⽤します。
  • 新型コロナウイルス接触感染アプリ「COCOA」のインストールを推奨します。

【会場内について】

  • 咳エチケット、こまめな消毒、⼿洗いを⾏ってください。
  • 会場内での⼤声での歓談はお控えください。
  • クローク、バーコーナー、⽔飲み器はご利⽤いただけません。

【⾯会等について】

  • 出演者との⾯会はできません。また、花束・プレゼント等の差し⼊れはお控えください。

【ご案内】東京ムジーククライス第14回定期演奏会

3年ぶりとなる第14回演奏会では我が合唱団の神髄であるバロックをやろうということで、シャインのイスラエルの泉全曲演奏に挑みます。

シャインは、初期ドイツ・バロック音楽の3大Sの一人で、バッハに至るドイツ・コラール音楽の道を形成した大作曲家と言われています。

世界でも全曲が演奏されることはめったにないこの機会に是非足をお運びください。

【東京ムジーククライス第14回定期演奏会】

日時:2022年9月4日(日) 開場13:45 開演14:30
 会場:紀尾井ホール (JR・地下鉄「四ツ谷駅」、地下鉄「麹町駅、赤坂見附駅、永田町駅」)
 全席自由2,000円
 ※イープラス、チケットぴあにて販売中!

購入はこちらから。

イープラス

チケットぴあ

【曲 目】

ヨハン・ヘルマン・シャイン
Johann Hermann Schein
(1586-1630)

イスラエルの泉 全曲
Israelsbrünnlein
Fontana d’ Israel 

【出演者】

 渡辺祐介(指揮/バス)
 山口清子(ソプラノ)
 中江早希(ソプラノ)
 上杉清仁(アルト)
 布施奈緒子(アルト)
 中嶋克彦(テノール)
 加藤宏隆(バス)
 新妻由加(オルガン)
 瀧井レオナルド(テオルボ)
 布施砂丘彦(ヴィオローネ)
 鈴木禎(ドゥルツィアン)
 東京ムジーククライス(合唱)

 

 

【ご案内】東京ムジーククライス第14回定期演奏会

3年ぶりの演奏会が決定いたしました!

コロナ禍で先行きが見えない中、我が合唱団の神髄であるバロックをやろうということで、ドイツ・バロックの3Sと呼ばれるシャインのイスラエルの泉を演奏することが決定いたしました。

当団の3年ぶりの演奏に、是非ご期待ください!

 

【東京ムジーククライス第14回定期演奏会】
 日時:2022年9月4日(日)
 会場:紀尾井ホール

【曲 目】
「Israelis Brünnlein(イスラエルの泉)」ヨハン・ヘルマン・シャイン作曲

 

※演奏曲目、並びに出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。
予めご承知おきください。

団員募集再開のご案内(2021.10.17)

新型コロナウイルス拡大防止の観点によりしばらく活動を休止しておりましたが、この度の緊急事態宣言解除に伴い活動を再開する運びとなりました。

つきましては、休止により保留となっておりました団員募集を再開させていただきます。

直近の見学日は以下になっております。

見学日

ご興味のある方は団員募集をご覧の上、お問い合わせフォームからご連絡いただけましたら幸いです。

第14回定期演奏会中止・別演目演奏会のお知らせ

日頃より東京ムジーククライスをご支援いただき、誠にありがとうございます。

東京ムジーククライスでは、この度の長期に渡る新型コロナウイルスの影響を踏まえ、2021年9月12日(日)に予定しておりました第14回定期演奏会を中止し2022年9月に別演目での演奏会を行うことに決定いたしました。

第14回定期演奏会【中止】
2021年9月12日(日)紀尾井ホール
クラウディオ・モンテヴェルディ《聖母マリアの夕べの祈り》

次の演奏会は2022年9月4日(日)となりました。
演目等詳細につきましては、決まり次第ご案内します。
公演を楽しみにされていたお客様には心よりお詫び申し上げます。

また、今年の演奏会にご協力をいただいておりました演者の皆様にはご理解への感謝とお詫びを申し上げます。

この難曲の演奏が可能となる十分な準備期間と落ち着いた練習環境が整った際には再び当曲を定期演奏会で披露していく計画を長期展望として残します。

今後ともご理解とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年5月15日
東京ムジーククライス

次ページへ »