English

上杉清仁

上杉 清仁 (うえすぎ すみひと)  <副指揮者>

sumihito_uesugi高知県出身。千葉県松戸市在住。高知大学人文学部卒業。同大学院教育学研究科修了。東京藝術大学大学院修士課程、博士後期課程を修了し博士号(音楽)を取得。スイス政府奨学金を得てスイス・バーゼル音楽大学・スコラカントルムに留学し、ゲルト・テュルク、アンドレアス・ショル両氏のもとで研鑽を積む。しなやかで柔らかい美声と的確な解釈による多彩な表現には定評があり、日本を代表する実力派カウンターテナー歌手として活躍している。また、発声解剖学にも造詣が深く、関東だけでなく、日本全国で発声に関する様々な悩みを解消しており、発声指導者としても不動の信頼を得ている。これまでに声楽を小原浄二、野々下由香里、伊原直子、故戸田敏子、ペーター・コーイ、ロビン・ブレイズ、パスカル・ベルタン、故クラウス・オッカーの各氏に、バロック歌唱装飾法を故大橋敏成氏に、アンサンブルをアンドレア・マルコン、イブリン・タブ、アンソニー・ルーリーの各氏、中世ルネッサンスアンサンブルをドミニク・ヴェラール、キャサリン・ディニーン各氏に師事。声楽アンサンブル『ラ・フォンテヴェルデ』、カントゥス・エーブリウスメンバー。カント・ダ・ヴェーレ、楽奏団あ・うん、酔藝学士団音楽監督。インターカレッジ男声合唱団、ガイア・フィルハーモニックコア、水戸アルモニア・ローサ、北九州聖楽研究会各ヴォイストレーナー。日本声楽発声学会、日本音声言語医学会員。