English

渡辺祐介

渡辺祐介<常任指揮者>

東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。多田羅迪夫氏に師事。
その後2008年より2010年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積み、その間2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国歌《君が代》を独唱した。
帰国後は、2013年1月に世界初演された三枝成彰氏の新作オペラ《 K A M I K A Z E 》に特攻隊員役で出演、金昌国氏指揮のアンサンブル of トウキョウによるベートーヴェン《交響曲第9番》にソリストとして招聘され、また栗山文昭氏指揮の栗友会合唱団の公演ヘンデル《メサイア》、フォーレ《レクイエム》にソリストとして招かれる等、活躍の場を広げている。今年6月の調布国際音楽祭では、オープンングコンサートにてベートーヴェン《第九》(鈴木優人氏指揮) のソリスト、10月には福岡にてモンテヴェルディの歌劇《オルフェオ》に、11月には東京にてモンテヴェルディ《ウリッセの帰還》に出演予定。
2002年4月より鈴木雅明氏の主宰するバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバー。
現在東京ムジーククライス常任指揮者、マヨラ・カナームス東京音楽監督。古楽アンサンブルCantus Ebrius主宰 、Coro Libero Classicoメンバー。