来場のご案内 -東京ムジーククライス 第9回定期演奏会-

本公演では、「バッハとホルン」をテーマとして、ホルンが大活躍するカンタータ2曲と
ミサ曲を演奏致します。バッハが作曲した美しく輝かしい響きをお楽しみください。

2015年9月6日(日)13:30開場 14:00開演

紀尾井ホール (JR・地下鉄「四ツ谷駅」、地下鉄「麹町駅、赤坂見附駅、永田町駅」)

全席自由2,000円

チケットぴあイープラス紀尾井ホールチケットセンターにて発売中

【出演者】
渡辺祐介(指揮)
松井亜希(ソプラノ)
上杉清仁(アルト)
藤井雄介(テノール)
加藤宏隆(バス)
東京ムジーククライス(合唱/管弦楽)※出演者プロフィール

【演奏曲目】
J.S.バッハ作曲
カンタータ第1番 《暁の星の何と美しく》 BWV1
カンタータ第79番 《主なる神は太陽にして盾》 BWV79
ミサ曲ヘ長調 BWV233

※演奏曲目、並びに出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。
予めご承知おきください。

【チケットのご案内】
・前売券は、紀尾井ホールチケットセンターは9月1日(火)、ぴあは9月3日(木)、イープラスは
9月4日(金)までお買い求めいただけます。
・当日券は、13時よりホール入り口当日券売場にて、若干枚数の販売を予定しております。

【ご来場に際して】
・未就学のお子様の同伴・入場はご遠慮いただいております。
・ホール内での写真・ビデオ撮影、並びに録音は、恐れながら固くお断り致します。
・ホール内への花束の持ち込みは、他のお客様のご迷惑になる場合がございますので、ご遠慮
いただいております。お手数をおかけ致しますが、ホール受付にてお預けください。

・終演時刻は16時頃を予定致しております。(途中20分間の休憩がございます)
・楽曲の演奏効果の都合上、開演後は入場に制限がございます。予めご承知おきの上、開演時間に
余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力をお願い申し上げます。

第9回定期演奏会オーケストラメンバー

第9回定期演奏会のオーケストラメンバーです。

【ナチュラルホルン】
松岡邦忠,藤田麻理絵
【フルート】
三枝朝子,鶴田洋子
【オーボエ】
工藤亜紀子,小花恭佳
【ティンパニ】
定成庸司
【1stヴァイオリン】
清岡優子☆,廣海史帆,藤崎美乃,前田奈緒,平野悦子,増村寿乃
【2ndヴァイオリン】
村津瑠紀,森口真智子,小杉結,山本有紗,荒巻美沙子,崔樹瑛
【ヴィオラ】
山口真,坂本晴人,柘植藍子,小中澤基道
【チェロ】
山本徹,西澤央子
【コントラバス】
永田由貴
【ファゴット】
鈴木禎
【オルガン】
山縣万里
【チェンバロ】
重岡麻衣

☆…コンサート・ミストレス

東京ムジーククライス第9回定期演奏会

本公演では、「バッハとホルン」をテーマとして、ホルンが大活躍するカンタータ2曲と
ミサ曲を演奏致します。バッハが作曲した美しく輝かしい響きをお楽しみください。

◇ 東京ムジーククライス 第9回定期演奏会

2015年9月6日(日)13:30開場 14:00開演

紀尾井ホール (JR・地下鉄「四ツ谷駅」、地下鉄「麹町駅、赤坂見附駅、永田町駅」)

全席自由2,000円

チケットぴあイープラス紀尾井ホールチケットセンターにて
2015年4月8日(水)より発売開始

【出演者】
渡辺祐介(指揮)
松井亜希(ソプラノ)
上杉清仁(アルト)
藤井雄介(テノール)
加藤宏隆(バス)
東京ムジーククライス(合唱/管弦楽)※出演者プロフィール

2015_omote

【演奏曲目】
J.S.バッハ作曲
カンタータ第1番 《暁の星の何と美しく》 BWV1
カンタータ第79番 《主なる神は太陽にして盾》 BWV79
ミサ曲ヘ長調 BWV233

※演奏曲目、並びに出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。
予めご承知おきください。

_MG_1799

出演者プロフィール-東京ムジーククライス 第9回定期演奏会-

渡辺祐介(わたなべゆうすけ)<指揮>常任指揮者

yusuke_watanabe 東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。多田羅迪夫氏に師事。その後2008年より2010年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、ペータ ー・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムス諸氏のもとで研鑽を積んだ。その間2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国歌《君が代》を独唱した。帰国後は、2013年1月に世界初演された三枝成彰氏の新作オペラ《KAMIKAZE》に特攻隊員役で出演、金昌国氏指揮 のアンサンブルof トウキョウによるベートーヴェン《交響曲第9番》にソリストとして招聘され、また栗山文昭氏指揮の栗友会合唱団の公演ヘンデル《メサイア》、フォーレ《レクイエム》にソリストとして招かれる等、活躍の場を拡げる。2002年4月より鈴木雅明氏の主宰するバッハ・ コレギウム・ジャパンのメンバー。現在、東京ムジーククライス常任指揮者、マヨラ・カナームス東京音楽監督。古楽アンサンブル「ロゴス・アポカルプスィス」主宰、Gamut Bach Ensamble、上野バロック・ソロイスツ声楽メンバー。2014年4月より、東北学院大学非常勤講師。

松井亜希(まついあき)<ソプラノ>

aki_matsui岩手県出身。岩手県立不来方高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程・博士(後期)課程を修了し、音楽博士の学位を取得。在学中アカンサス音楽賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。日仏声楽コンクール優勝、友愛ドイツリートコンクール優勝・文部科学大臣奨励賞・日本R.シュトラウス協会賞受賞、日本音楽コンクール(歌曲部門)入選。東京室内歌劇場のバロックオペラ《ラ・カリスト》でオペラデビュー。またオラトリオのソリストとして《メサイア》、《マタイ受難曲》、《第九》等様々な作品に出演。近年はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の国内外の公演や録音に参加しており、ドイツのラインガウ音楽祭・ブレーメン音楽祭では《マタイ受難曲》、《マニフィカト》のソリストを務めた他、急遽代役を務めたスペインのカナリア諸島音楽祭および新国立劇場での《ポッペアの戴冠》では絶賛された。昨年12月に行われた東京オペラシティ財団主催のソロリサイタル「B→Cバッハからコンテンポラリーへ」では、バッハやパーセルのバロック作品と20世紀のイギリス・アメリカの歌曲作品、新作を含む現代作品を演奏し、音楽誌上で「透明感に優れた高~中音域までの声が、一様に高貴で清潔かつニュアンスに富み、多感な感情に溢れている。」と絶賛された。

上杉清仁(うえすぎすみひと)<アルト>

sumihito_uesugi高知県出身。高知大学人文学部卒業。同大学院教育学研究科修了。東京藝術大学大学院修士課程、博士後期課程を修了し博士号(音楽)を取得。スイス・バーゼル音楽大学・スコラカントルムに留学し、ゲルト・テュルク、アンドレアス・ショル両氏のもとで研鑽を積む。2000年国際古楽コンクール山梨で最高位受賞。併せて、蔵の街音楽祭賞受賞。しなやかで柔らかい美声と的確なテクスト解釈による多彩な表現には定評があり、日本を代表する実力派カウンターテナー歌手として活躍している。また、発声学や発声解剖学にも造詣が深く、発声指導者としても好評を博している。後進の育成にも積極的に取り組み、門下の若手カウンターテナー4人によるリサイタル(けやきホール)や、門下生によるJ.S.バッハ《ヨハネ受難曲》の演奏会(石橋メモリアルホール)などを企画し、若手演奏家の輩出にも力を注いでいる。これまでに声楽を小原浄二、野々下由香里、伊原直子、戸田敏子、ペーター・コーイ、ロビン・ブレイズ、パスカル・ベルタン、クラウス・オッカーの各氏に、バロック歌唱装飾法を故 大橋敏成氏に、アンサンブルをアンドレア・マルコン、イブリン・タブ、アンソニー・ルーリーの各氏に師事。声楽アンサンブル『ラ・フォンテヴェルデ』メンバー。桜美林大学芸術文化学群音楽専修兼任講師。ミューズアート音楽院講師。日本声楽発声学会会員。桜美林大学クワイア、水戸アルモニア・ローサ、アンサンブルシュッツ名古屋、北九州聖楽研究会ヴォイストレーナー。

藤井雄介(ふじいゆうすけ)<テノール>

yusuke_fujii大分県出身。14歳より声楽を始める。外川香奈子、オルガ・ワルラ=コロ、奥田誠、枝川一也、鈴木寛一、寺谷千枝子、ブライアン・パーソンズの各氏に師事。これまでに、バッハ《ヨハネ受難曲》の福音史家、ヘンデル《メサイア》、ハイドン《天地創造》、モーツァルト《レクイエム》、ベートーベン《交響曲第9番》、シューマン《薔薇の巡礼》など、主に宗教的声楽作品のソリストを多数務める。故 佐藤功太郎、小林研一郎、広上淳一、現田茂夫、ロルフ・ベック氏等の指揮者のもと、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル・金沢等と共演。バッハ・コレギウム・ジャパン(鈴木雅明氏音楽監督)ではソリストおよび声楽メンバーとして国内外における多数公演・録音に参加している。2009年5月には新国立劇場コンサート・オペラ、モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》にルカーノ役等で出演。2015年2月にはアメリカ・フィラデルフィア・メンデルスゾーン・クラブによるバッハ《マタイ受難曲》(メンデルスゾーン編曲版)公演に福音史家として出演した。広島大学教育学部音楽科卒業後、東京藝術大学音楽学部声楽科を経て、同大学院音楽研究科修士課程および博士後期課程修了。現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校非常勤講師。

加藤宏隆(かとうひろたか)<バス>

hirotaka_kato静岡県出身。高校在学中より浜松にて声楽の勉強を始める。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業後、アメリカに留学。ジョンズ・ホプキンス大学ピーボディ音楽院修士課程修了。インディアナ大学ジェイコブス音楽院にてディプロマを取得。イタリア・フィレンツェへの短期留学も経験する。アメリカ国内にて、多くのオペラやコンサートにソリストとして出演。米国アスペン音楽祭参加。同音楽祭にて、ベンジャミン・ブリテン《真夏の夜の夢》(ジェーン・グラヴァー指揮)シーシアス役を歌い、その模様はアスペン・パブリック・ラジオによって生中継された。現在は活動の拠点を日本に移し、静岡県民オペラ《夕鶴》惣ど、東京・春・音楽祭《ファルスタッフ》ピストーラ、二期会《ドン・カルロ》宗教裁判長、日生劇場《アイナダマール》トリパルディ等で出演。オペラ以外にもソロリサイタルの開催や、《マタイ受難曲》《ヨハネ受難曲》《メサイア》《第九》《レクイエム(モーツアルト/フォーレ)》バリトンソロをはじめとするコンサートでも活躍。バッハ・コレギウム・ジャパン公演及びレコーディングに参加。2013年10月、東京・春・音楽祭特別公演において、指揮者リッカルド・ムーティ氏と共演。二期会会員。

東京ムジーククライス<合唱/管弦楽>

tmk_image

2006年10月、首都東京を本拠地とし、バロックや古典・ロマン派の宗教曲、とりわけJ.S.バッハの作品の研究、及びその演奏活動を目的に設立された合唱団、音楽団体。常任指揮者には、バッハ・コレギウム・ジャパン等で広く活躍中の渡辺祐介氏を迎え、また国内外で活躍する気鋭の音楽家を数多く指導者・演奏者として招聘し、併設のプロオーケストラと共に演奏活動を行っている。20代・30代の若手社会人や学生を中核として集った、濁りなく機動性溢れる合唱アンサンブルは、楽器としての“声”の迫力、美しさや豊潤さを新たに感じさせるものとして評価を得ており、その活動スタイル、また意欲的なプログラミングとも相俟って各方面から注目を集めている。

合唱団 団員募集のご案内(2015.1.31)

2015年9月6日(日)開催の第9回定期演奏会へ向けまして、合唱団員を募集中です。

募集パート:団員募集は終了とさせていただきました。
団員募集をご覧のうえご興味いただけましたら、どうぞお申し込み下さい。

次回、第9回定期演奏会は、
2015年9月6日(日) 紀尾井ホールに於いて開催、

「バッハとホルン」というテーマのもと、以下の曲目を演奏いたします。
カンタータ第1番 《暁の星の何と美しく》 BWV1
カンタータ第79番 《主なる神は太陽にして盾》 BWV79
ミサ曲ヘ長調 BWV233

_MG_1799

 
※どのパートも、現在新規の募集を致しておりません。 次回の募集は未定です。

次ページへ »